HOME | 大学生活カテゴリ | 大学生のサークル・部活動。サークルや部活は入るべき?

大学生のサークル・部活動。サークルや部活は入るべき?

適度な距離が必要。群れるのだけは避けたい。

 サークルと部活動はどう違うのか?

まずは、大学にはサークル部活動の2種類があるということを知っておきましょう。
 
その違いは、
 
部活動は、「結果や成果を出す」ということを目的として活動しますが、
 
サークルは、「同じ趣味を持った人と楽しむ」ということを目的として活動します。
 
本気でスポーツをやりたい!結果を出したい!という人は部活動に入るのがオススメ。
 
逆に、友達を作りたい!楽しくみんなで飲みたい!という人はサークルでいいでしょう。
 
サークルの場合、「飲みサー」と呼ばれるものがあり、名前こそ「〇〇サークル」とついているものの、ほとんど何も活動をせずに「ただみんなで飲む」というところもあります。
 
飲みサーには入りたいならいいですが、そうでないなら注意が必要です。

 部活動やサークルに入るべきかどうか

さて、このサークルや部活動ですが、入るべきかどうか、迷う人も多いと思います。
 
 高校によっては、どこかの部活に所属しているのが普通だったかもしれませんが、大学になると部活やサークルに所属していない人は山ほどいます。
 
未所属は珍しいことではないのです。
 
ただ、これらのどれかに当てはまる人は入ってもいいかもしれません。
 
・暇な時間がある
・運動不足を避けたい
・多くの友人や先輩と知り合いたい
・恋人を探すきっかけが欲しい
・何か新しいことをやりたい
  
 
一つ覚えておいて欲しいのは、多くの人が1年目でサークルや部活動に入り、しばらくするとほとんど行かなくなるということです。
 
本気でスポーツをやる人などを除いて、
 
友達が入るから何となく一緒に入る程度の人は、気がついたら何のサークルに入っていたかも忘れている、なんてことはよくあります。
 
なので、大学にもよりますが、大学でのサークルや部活動は「一大決断!」というより、比較的手軽なものだと考えてもいいでしょう。

 どんなサークル・部活動に入る?

サークル・部活動に興味がある人は、何に入るのか迷いますね。大学のパンフレットを見て、その数の多さに驚くでしょう。
 
新入生が入る時期には、それぞれのサークル・部活動が広報活動をします。
 
「入りませんか〜!マネさんも募集してます!」というやつです。(ちなみにマネさんはマネージャーさんの略。笑)
 
一番いいのは、その広報活動を利用して、興味があるサークル・部活動を覗いてみることです。
 
どんな人たちがいるのか、どんな雰囲気でやっているのか、どんな活動をしているのか、などをリアルに知ることができます。
 
ただ、一つアドバイスをするなら、やたらめったら見学に行くのは控えた方がいいということ。
 
なぜかと言うと、一度見学に行くと、結構な圧で勧誘されるからです。笑
 
ちゃんと断れるならいいですが、ノリで入ってしまって辞めづらくなってしまう…という人も中にはいるので、本当に興味のあるものだけ、友達と一緒に見学に行くといいでしょう。



 カテゴリ一覧