大学生の食生活!エネルギッシュな毎日を送るために

 大学生の食事の現状

特に、大学生になって一人暮らしになった人は、食事が乱れやすいですよね。
 
朝ご飯を抜いたり、3食をカップ麺やコンビニ弁当で済ませる人はたくさんいます。
「食費節約のため」と、あまりに偏った食事をしている大学生が多いことも知っています。
 
まだ若いからデタラメな食事をしても問題ない、と考えているのかもしれませんが、これは大変な問題です。
 
食事は活力と健康の源です。食生活をデタラメにすると集中力も減少します。

そもそも、私たちの体を作るベースは日頃の食事です。
だらしのない食生活を送ると健康を損なうだけではなく、薄毛や肌荒れ、体型などにも問題が現れます。
 
1日3食、決まった時間にバランスの良い食事を心がけることが大切です。

 とはいっても…難しい!どうすれば?

「一日3食バランスよく」というのは簡単ですが、実践するのは難しいもの…。
 
実家暮らしの人は、親の作るバランスの良い食事を取れるので、それほど重大な問題ではないかもしれません。
 
しかし、一人暮らしで、朝は時間がないから抜かし、昼はカップ麺やパン、夜もカップ麺や弁当という食生活を続けていると、めまいがしたり、栄養失調で倒れる人もいます。
 
とはいえ、1人分の食事を作るめんどくささや、どうしても食材が余って腐らせてしまう悩み。一人暮らしの自炊では厄介なことがたくさんあります。
 
では、どうしたら食生活を改善出来るのでしょうか?

 学食を使う

有効な手段の1つが学食です。
学食はいろいろな品が少しずつ置いてあるので栄養も取りやすいですし、
大学生の食生活の現状をよく理解しています。
 
ただ、問題点もいくつかあります。

・特に昼時は混みすぎて行く気にならない
・毎日学食はさすがに飽きてしまう
・ついつい買いすぎて食費節約どころではない
・大学によっては学食が美味しくない

 
また、学食でも毎日ラーメンばかり食べていては意味がありませんね。笑
 

 健康食品を使う

一番いいのは、学食や自炊でバランスよく摂るように心がけることですが、どうしても難しい人は「健康食品」を取りましょう。
 
一番いいのは、いろいろなバランスを含んだ青汁野菜不足の人には特にいいです
 
青汁というと美味しくない!というイメージがありますが、今の青汁は時代が変わり、抹茶の味など、美味しいものも増えてきています。
 
数千円で1ヶ月分の青汁を購入しても、1日当たりにすると50〜100円前後
 
料理が苦手な人は、下手に野菜を買って使い切れずに腐らせるより、日持ちもする青汁を買った方が賢いかもしれませんね。
 
そういう私も、大学の時、栄養失調でめまいがしたことがあり、なんとかしようと青汁を飲んでいた時があります。笑
 
お肌も綺麗になりますし、健康にも気遣っている自分を褒めてあげられるし、とてもいい気分でした。特に、スーパーより、ドラッグストアの方が種類がたくさんあり、安いものも簡単に見つけられます。
 
また、「おいしくて飲みやすいのがいい!」という人や、「きれいにダイエットも兼ねて」という人は、以下の「フルーツ青汁」がおいしくておすすめです。
 
ジュース感覚で飲めるので、全く苦にならず、自然と続けることができます。

【スイーツ青汁】はコチラ

 


 カテゴリ一覧