大学時代に身につける、周りと差を付ける時間の使い方

時は金より価値がある。お金はいくらでも増やせるが、時間は増やせない。

 時間の管理できてる?

時間というのは、誰にでも平等に与えられているもの。

あなたがダラダラ過ごしても、学びに集中していても、泣いていても、笑っていても、時間は平等に流れていきます。
 
そして、「時間の使い方」というのは、投資、浪費、消費の3つに分かれます。
 
もし、あなたがお金に困らない幸せな将来を望むのなら、自分の時間の使い方を見直し、浪費を極力少なくして、「投資」に当てる必要があります。

1、テレビやスマホゲーム、ネットサーフィンの時間
2、通勤、通学などの隙間時間
3、誘いを断れずに参加する飲み会など

 
特にこれらがあなたの時間を奪っています。つまり、時間の「浪費」ということ。
 
あなたがテレビを見ている時、同世代の誰かは将来のために準備をしています。
あなたが通学中にケータイゲームをしている時、同世代の誰かは本で新しいことを学んでいます。
 
これが毎日繰り返されれば、将来を見据えて時間を使っている人との差は開くに決まっています。
 
若いうちこそ、時間を学びや経験に投資するかが大切です。
 
幸い、大学生には自由に使える時間がたくさんあります。そして、社会人になると、その時間の自由もなかなか手に入りづらくなってしまいます。

不毛な時間を過ごすのは止めて、今時間のあるうちに、大事にそれを価値に変えていきましょう。 

 3つの時間の作り方

では、どうすれば時間の無駄遣いや浪費を少なくして、価値のあるものに変えていけるのでしょうか。
 具体的な3つの方法をご紹介します。

1、テレビやスマホゲーム、インターネットとは上手く付き合う

テレビやゲーム、インターネットは巧妙です。
あなたがそれに釘付けになるようによく考えられています。
 
知らず知らずのうちに時間が過ぎていた、という経験があるのではないでしょうか。
 
食事のあとにだらだらテレビを見て、気づいたら数時間過ごしていたり、ネットサーフィンで何時間も浪費する。
 
もしあなたが将来成功を収めたいのなら、この習慣を変える必要があります。

・テレビは「これを見る!」と決めたものだけ見る。
・ゲームは時間をやる決める。頑張ったご褒美や、息抜きとしてやる。
・無意識にネットサーフィンをしないように気をつける。調べたいことを明確にしてから調べる。

 
これらを守れば、あなたは莫大な時間を節約することが出来ます。
浮いた時間を学びや経験に投資すれば、将来、より自由な時間を得られるでしょう。
 
「貧乏暇なし」と言うように、今のうちに将来に向けて学んでお金を稼げるようになれば、ゆくゆくは莫大な自由な時間を手に入れられるでしょう。
 


2、隙間時間に何をするか?

1日のうちにどれくらいの隙間時間があるでしょうか。
ちょっとの時間なので一見見過ごしてしまいがちですが、多くの人が軽視して見過ごすものだからこそ、あなたがそれを掴んだ時に大きな差ができます。

・通勤、通学、移動中の時間
・家を出るまでのちょっとした空き時間
・講義と講義の間
・待ち合わせの待ち時間

 
人によってさまざまですが、隙間時間に何をするかは大切なことです。
毎日の蓄積が後々大きな差になります。
 
この隙間時間をスマホゲームや、ボーッとして過ごすのはあまりにもったいないことです。
 
例えば、本を読んだり、気になることを勉強したり、新しいアイデアを考えてみたり、自分の気になったこと等を紙にまとめ、それを読み返してみたり…。
 
毎朝、その日の隙間時間に何をするかを決め、本などを持ち歩くと良いでしょう。
 


3、やりたくないことは断る!

生活していると、いろいろな誘いやお願いを受けるでしょう。
その中にはやりたくないこと、気が乗らないこともありますよね。
 
そんな時は、断る勇気も必要です。
 
なんでもかんでもイエスという人は、自分の時間をいつまでたっても作れません。
 
もちろん、なんでもかんでもノーだと、いずれ相手にされないこともあります。
そこはバランスが必要なので難しいところです。
 
断るということは決断力があることを意味します。
決して悪い事ではありません。
 
もし誘われた時、あなたにやろうと思っていたこと等があるなら、思い切って断ってみましょう。もしくは時間を決めて付き合いましょう。
 
それは自分の大事な時間を人のために浪費するのではなく、自分の幸せな人生のために投資することになります。

 覚えておきたい心に響く言葉
「今日あなたがダラダラ過ごした1日は、昨日亡くなった人がとても生きたかった1日」
今、自分に時間が与えられていることに感謝して、大事に使いましょう。

 
 


 カテゴリ一覧