大学生の学生寮暮らし!現状とイメージは違う

上下関係の世界も、実に面白い。

 現状とイメージはちょっと違う!

大学生といえば、学生寮、というイメージの人もいるのではないでしょうか?

確かに、学生寮というのは大学生の醍醐味ですし、海外の大学ではほとんが学生寮というものを持っていて、多くの学生がそこで生活をするというのが常識です。
 
それぞれ、学生寮ってこんな感じかな〜というイメージがあるかもしれませんが、実際の現実はちょっとイメージと違うかもしれません。
 
今回は、学生寮とは何かについて、そしてその利点と欠点をお話しします。

 あなたのイメージだけじゃない!学生寮の現実

学生寮と聞くと、「飲酒や上下関係がやたら厳しい所」と思い浮かべる人が多いかもしれませんね。
 
しかし実際のところ、寮によっていろんな形態やルールがあります。
 
禁酒・禁煙の寮であったり、1人部屋の寮もあれば、数人部屋の寮も存在します。
門限があったりなかったり、食事が出たり出なかったり。
 
また、寮には「昔からの伝統」を重んじている所も多く、「なんでこんなことをしなきゃいけないんだ!?」と思うものもあると思います。

反発したくなるような伝統もあるかもしれませんが、考えようによっては面白い経験でもあります。
 
大学の寮だからできる、決して社会に出てからは出来ないような無茶もあるでしょう。笑
「こんな馬鹿な事今しか出来ない」と考えれば面白くなりますね。
 
私も、全ての学生寮の実情を知っているわけではないので、実際に寮生活がどのようになるかは、各大学・学生寮のホームページなどを見て調べると良いでしょう。
 
全国の学生寮についての情報が載っているサイトがあるので、使ってみると便利だと思います。
➡︎ 学生寮ガイド

 学生寮の利点と欠点まとめ

さて、学生寮の利点と欠点を並べてみました。参考にしてみてください。

利点
・とにかく家賃等が安い!
・友人、先輩、後輩がすぐにできる。知り合いの数が尋常じゃない。
・いろんな人間を見られ、勉強になる。
・良好な人間関係が築ければ楽しい!

 

欠点 
・共同生活が苦手な人には耐えられない。
・飲酒等の問題がつきまとう。(最近は徐々に改善しています)
・異性の宿泊ができない場合がほとんど。
・寮によっては共用施設が汚い。

 
一番嬉しいのが、家賃がとても安いということ。自分で稼いで暮らさないといけない大学生にはとても助かります。
 
また、知り合いもすぐにたくさんできるので、ぼっちになることもありません。
 
先輩の知り合いもできれば、試験の過去問をもらったり、オススメの講義を教えてもらったりもできのでいいですね。
 
ただ、常に同じ大学の学生と一緒にいなければならないので、いわばプライベートはあまりありません。
 
また、共同生活がそもそも無理、という人や、汚いのが耐えられないという人には向いていないと思います。



 カテゴリ一覧