HOME | 日常生活カテゴリ | 大学生の手帳術

大学生の手帳術〜大学生から使い始めたい1つの手帳〜

 大学生から使い始めたい1冊の手帳

あなたは、手帳を使っていますか?
スマホやパソコンがあるからスケジュール帳は使わないという人もいますよね。
実際、iCloudを使ってiPhoneとMacでスケジュール管理をしている大学生もいるかもしれません。
 
それが自分にとって一番合うのならいいですが、「なんかスマホで管理するのは苦手」「やっぱり紙の手帳がいい!」という人たちもたくさんいます。私も紙の手帳がいいタイプです。
 
今まで数多くの手帳が世の中に出てきました。
これまでの手帳を分類すると4つに分類されます。

・第1世代
メモ帳・ノートなどの単なる記録媒体
・第2世代
スケジュール機能が備わった手帳
・第3世代
目標設定、目標実現に向けた行動計画が加わったスケジュール帳
・第4世代
価値観やミッションを明確にした上で、目標設定や計画を行うスケジュール帳
自分にとっての重要事項を明確にし、人間関係のバランスをとる

 
手帳を使っている人の多くの人が第2世代、あるいは第3世代の手帳を使っています。
第2、3でも十分機能するのですが、実は自分の生活を有意義に管理したいのであれば、第4世代の手帳というのはとても画期的です。私はこの第4世代の手帳に出会ってからら、ずっと使っています。
 
中でもオススメの第4世代手帳は、世界的に有名な自己啓発本『7つの習慣』を実生活に組み込めるようにした「フランクリン・プランナー オーガナイザー」です。

 
 
『7つの習慣』で語られている、「時間管理について」のエッセンスを実践用に盛り込み、使うだけで誰でも人生をより良い方向に進めてく時間の使い方ができるようになっています。
 
人の行動は、「緊急で重要な事」「緊急だけど重要でない事」「緊急でないけど重要な事」「緊急でないし重要でもない事」という4つのタイプに分かれます。
 
その中でも、多くの人は、明日までの提出物や今日の買い物といった「緊急で重要な事」や、かかってきた電話に出て長々話す時や、急な誘いなど「緊急だけど重要でない事」、そしてゲームやテレビといった「緊急でないし重要でもない事」にほとんどの時間を使っています。
 
しかし、人生を豊かにしていくのに一番大事なのは「緊急でないけど重要な事」なのです。
例えば、毎日ランニングをしよう、早起きをしよう、毎日10回人に親切な事をしよう、などです。これらは、緊急ではないので、多くの人が見逃しがちであり、そして、優先順位も低くなってしまいます。
 
しかし、世界的に支持を集める『7つの習慣』によると、これらの「緊急でないけど重要な事」をどれだけ優先させられるかで、その人の人生が大きく変わるそうです。
 
ただ毎日の用事を消化していく日々が積み重なった1年後と、
本当に大事な事をコツコツ積み重ねた1年後では、あなたの人生は大きく違います。
 
この手帳は、「緊急でないけど重要な事」をちゃんと実践できるように作られています。
 
また、自分の価値観、人生で常に大事にしたいこと、生活の質をあげて成功に近づく習慣、1日のスケジュールと To Doリストなど、内容がとても充実しています。
全てのページにその日の名言が書いてあるので、スケジュール帳を使いながら、自己啓発や豊かな考え方に触れることができます。
 
冊子のタイプだけでなく、リングのタイプもあり、胃色や種類も豊富なので、自分にお気に入りの、そして人生に価値ある1冊を見つけてみてください。

この手帳はこれまでの手帳(第3世代までの手帳)とは使い方も違います。利用方法の詳細は、この手帳内に明確に掲載されています。
 
また、この手帳のベースとなっているビジネス書『7つの習慣』も合わせて熟読すると、より効果的に使う事ができますよ。


 カテゴリ一覧