HOME | 日常生活カテゴリ | 大学生のアルバイト!オススメの働き方・選び方・探し方!

Last up-dated  2017-07-09

 

大学生のアルバイト

給料をもらっている以上、プロ。

 オススメの働き方・選び方・探し方

大学に入るとアルバイトを始める人がほとんど。学費のため、生活費のため、趣味や遊びのため…。
 
アルバイトはお小遣いになるだけでなく、社会勉強にもなるいい経験です。
 
大学に通っているだけでは得られない「人間関係」や「学び」が得られたりもするからです。
 
ぜひ、大学時代にいろんなアルバイトを経験してみましょう。
 
さて、ここではアルバイトの働き方・選び方・探し方について話したいと思います。あなたにとって、役に立つ話だと思いますよ。

 働き方のアドバイス

大学時代、私を含め、私の周りにはアルバイトをしている人がたくさんいました。だからこそ言えることがあります。
 
「バイト中心の生活を送らないように」
 
友人の中には、まるでフリーターかのように毎日働いている人もいました。
 
家庭の事情等がある人は仕方ないのかもしれません。(そういう人こそ学業をおろそかにしていないものですが…。)
 
しかし、大学生が力を入れるべきはアルバイトではありません。バイトのために学校を休むなんて言うのはもってのほかです。
 
また、大学生にとって深夜のバイトは時給が高いので人気がありますが、深夜のバイトは生活習慣が崩れる上に朝の授業に行けなくなる可能性が非常に高いです。
 
学生のアルバイトは、週4回で平日は3~5時間、休日は8時間。多くてもこの程度に抑えておきたいところ。
 
また、店長や他の従業員のお願いばかり聞いて予定よりバイトが増えてしまう、という悩みを抱えている人も。
 
親切に助けるのはいいことですが、あなたの時間は限られています。
 
時には「NO」と断ることも必要。
「NO」は拒絶ではなく、強い決断力の証です。

 アルバイトの選び方

アルバイトと言ってもさまざまな業種・職種・業務内容がありますね。
 
アドバイスとしては、「接客業」は経験してみると良いでしょう。特に、人見知りの方にはオススメです。
 
私の知り合いにも接客業をやって人見知りを克服したという人がいます。
 
また、1つのバイトを4年間継続するのも良いことだと思いますが、いろいろなアルバイトを経験してみるのも面白いと思います。
 
短期のアルバイト(あるいはリゾートバイト)、治験などいろいろ経験してみましょう。
 
「そこで何が学べるだろうか。何を知ることができるだろうか」
 
それを考えながら選ぶといいでしょう。

 アルバイトの探し方

アルバイトの探し方は特に決まっていません。飛び込みで「ここでアルバイトをさせてください!」と言っても良いのです。笑
 
でもそれは効率が悪いので
ここではアルバイトの効率的な探し方を2つ紹介します。

・先輩や友人から紹介してもらう

 
一番手っ取り早いのが「紹介」です。
 
紹介してくれる人がきちんとしている人であれば、その信用から採用される可能性も高いです。
 
また、紹介で働く場合は親しい友人や先輩と楽しく働けるという利点もあります。
 
ただし、採用はされやすい一方で、辞めたいと思ってもちょっと辞めづらかったり、あなたが本当にやりたいアルバイトではない可能性もあります。

・求人サイトを利用する

 
一般的なのが求人サイトを利用して探す方法。何より自分の理想的な条件で探すことができますね。
 
現在の求人サイトは多種多様で、採用祝い金を貰えたり、短期アルバイトに特化したものまで、非常に多くのアルバイト向け求人サイトが運営されています。
 
アルバイト探しにオススメな穴場サイトが【餅は餅屋】というサイトです。
 
いろんな特集があり、アルバイト特集はもちろん、その他求人サイト・転職エージェント・人材派遣サービスもまとめられているので、
 
大学時代のアルバイト探しだけでなく、今後の就職活動や転職活動にも役に立つ便利なサイトです。
 
➡︎ 「餅は餅屋」



 カテゴリ一覧