HOME | 経験カテゴリ | 大学生の日本一周 | 日本一周の手段
HOME | 経験カテゴリ | 大学生の日本一周 | 日本一周の手段
Last updated 2017-08-09

日本一周をするための6つの手段

体力がないなら、自転車。対人関係が苦手なら、ヒッチハイク。法整備が出来るなら、セグウェイ

 どうやって回る?移動手段について

徒歩や自転車、バイク(車)、公共の交通機関などなど、日本一周の手段としての選択肢はいくつかあります。
 
大学生にとっては、交通手段を選ぶ上で金銭面も考える必要があります。
 
最も重要なのが「交通費」です。
また、日本一周の期間が長くなれば「宿泊先」と「食事」に費用がかかります。
 
お金、時間、労力を考えて、自分に合った方法を選びましょう。

1、徒歩

難易度:★★★★★ オススメ度:★☆☆☆☆
 
正気ですか!?
と言うのが率直な感想です。
大学を休学し、1年前後を費やして回ることになります。
 
ここまで来ると、あなたの職業は「学生」ではありません。
「旅人」です。


2、自転車

難易度:★★★☆☆ オススメ度:★★★★★
 
夏休みの2か月の間に自転車で日本を一周できるかが問題です。
「そこまで観光はしない」という人は大丈夫です。
ひたすら漕ぎ続ければ可能です。
 
自転車で日本を一周したい!でもゆっくり観光もしたい!
という人は、何年かに行く場所を分けてみても良いでしょう。
 
「今年は北海道、今年は九州、今年は本州・・・」という感じです。
そうすれば十分に時間が取れるでしょう。
 
移動中はパンクなどの故障がない限り、日本一周中にお金はかかりません。
 
ただし、自転車は初期費用がかかります。(自転車代と装備に)
特に、自転車は日本一周に耐えうるものを選ぶ必要があり、ママチャリではなくスポーツチャリが必須です。
 
特に、初心者の日本一周に向いているのが「クロスバイク」と呼ばれるものです。
耐久性があり、ほとんどのモデルで荷台(キャリア)を取り付けることができます。
 
既に持っている人は良いのですが、購入を検討している人は初期費用が数万円程度上乗せされることを忘れてはいけません。

➡︎ Amazon クロスバイク

3、バイク(車)

難易度:★★☆☆☆ オススメ度:★★★★☆
 
バイクもしくは車で回ろうと考えている人は、2ヶ月で十分回れるでしょう。
 
「バイク」か「車」かで言うと「バイク」の方が日本一周っぽくてオススメです。笑
 
車の場合は、車中泊してしまえば宿泊代もかからないので安く済みます。
ただし、他の手段と比べて「得るものは少ない」というのが個人的な見解です。


4、公共の交通機関

難易度:★☆☆☆☆ オススメ度:★☆☆☆☆
 
公共の交通機関は楽ですが、問題は「お金」。
 
公共の交通機関を利用して日本一周をするのなら、交通費だけで相当額を覚悟する必要があります。
 
また、日本一周ならではの厳しさに欠けます。
ただの旅行になってしまいます。
 
公共の交通機関中心の日本一周はあまりオススメしません。


5、ヒッチハイク

難易度:★★★★☆ オススメ度:★★★★★
 
オススメの方法の1つとしてヒッチハイクが挙げられます。
 
いろんな人と出会えたり、対人関係に強くなります。
しかも、他の方法に比べてお金も安く済むでしょう。
 
ヒッチハイクを成功させるためには、ある程度やり方やコツを知っておく必要があります。
あなたの移動はそれにかかっているのですから。


 結論。大学生にオススメはこれだ

大学生にオススメの方法は、「自転車」「ヒッチハイク」です。
 
自転車の場合は、初期費用こそかかりますが(装備品とかで)、なにより自由に旅ができます。また、ハードな旅なので「精神面」が強くなります。
 
ヒッチハイクの場合は、「人との出会い」「コミュニケーションの力がつく」この2点が魅力的です。初期費用等もさほどかからないので、大学生には嬉しいです。



 カテゴリ一覧