HOME | 学びカテゴリ | 大学時代に差がつく4つの分野 | 大学時代に差がつく4つの分野TOP
Last updated 2017-09-22

これはすごい!大学時代に差がつく4つの分野

成長に対して、どん欲に。

 これを学べば差がつく!

 いままで言われるままに義務教育を受けてきて、誰もが一度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか…「この学びは本当に自分の人生に必要なのか?」
 
学びには2種類あります。
 
「人生に役立つ」ものと「自分の人生には直接役に立たないもの」
 
例えば、数学や科学はある人には必要ですが、ほとんどの人にとっては使うことのない知識で終わります。 
 
大学生になった今、本当に自分の幸せな人生を考えるなら、「人生に役立つ勉強」をする必要があります。
 
私がこれからご紹介する4つの分野は、「あなたの人生のためになる」という「可能性」を秘めたものです。
 
これを学ぶか学ばないかが、あなたの将来に大きく差をつけるといっても過言ではありません。
 
役に立つと思ったものは、大学時代に学んでおきましょう。

 人生のための「4つの分野」

さて、「人生に役立つ」4つの分野とは?見ていきましょう。

1、IT

 一つ目は「IT」。
 
堀江貴文さんもによると、インターネットの発達によって、今世界の常識が今までの数倍の速さでどんどん進化していく時代に入っています。
 
そのなかで、あなたが時代に取り残されず、常に自分に必要な情報収集・発信ができる状態でいるために必要なのがこの「IT」の勉強。
 
その知識によっては、稼ぎ方や収入にもかなりの差が出てきます。
 
詳しくはこちらでどうぞ。
 
➡︎ 大学時代に差がつく4つの分野〜ITの勉強〜
 


2、英語

2つ目が「英語」。
 
英語を学んでおくと、就活に有利だったり、職を手にした時に給料が高かったりと、就職に関するメリットがまずあります。
 
その他にも、今の時代を生きていくために必要なスキルになります。
 
詳しくは以下のページへ。
 
➡︎ 大学時代に差がつく4つの分野〜英語の勉強〜
 


3、お金

3つ目は「お金」。これが4つの中でもっとも大事と言っても過言ではありません。
 
「お金を学ぶってどういうこと…?」とピンとこないのは当たり前。なぜなら、日本の学校では「お金」について一切教えないからです。
 
しかし、お金の勉強というのは、その人の収入に比例するもの。
 
将来、お金持ちになるのか、一生労働に追われて節約の生活を送るのか、全てはお金に関する知識にかかっています。
 
難しいお金の話も、大学生でもわかりやすく学べる方法を以下にまとめています。大学生のうちに基本的なことだけでも知っておくと、未来が変わるかも知れません。
 
➡︎ 大学時代に差がつく4つの分野〜お金の勉強〜
 


4、悩み

4つ目が「悩み」。
 
悩みについて学ぶというのは、「悩みという状態を知り、どのように対処するのかを知る」ということです。
 
悩みというのは仏教のブッタでさえなくならなかったもの。つまり、悩みというのは元々人生につきものなのです。
 
だからこそ、その対処法を学ぶことが幸せな人生につながるということはいうまでもありません。
 
悩みについて学んでみたい人はどうぞ。
 
 ➡︎ 大学時代に差がつく4つの分野〜悩みの勉強〜 



 カテゴリ一覧