HOME | 学びカテゴリ | 大学時代に差がつく4つの分野 | 大学時代に差がつく4つの分野〜英語の勉強〜
HOME | 学びカテゴリ | 大学時代に差がつく4つの分野 | 大学時代に差がつく4つの分野〜英語の勉強〜
Last updated 2017-08-08

大学時代に差がつく4つの分野 ~英語の勉強~

英語でコミュニケーション出来れば、日本語のコミュニケーションなど容易い

 英語を身につける価値をもう一度考えてみよう

中国やシンガポールなどの国々の経済が発展し、「これからは中国語だ!」なんて意見もありますが、やはり英語が世界の公用語であることに変わりはありません。どの国も、国際社会で生き抜いていくために、英語教育を取り入れています。
 
日本でも、義務教育で小学校から英語を勉強し、一番長い人で大学まで英語に触れる機会があります。
 
しかし、実際日本にきちんと英語が話せる人が何人いるでしょうか?
「ハロー ハーワーユー?」「マイ ネイム イズ…」というレベルでは、英語は話せるとは言えません。
 
義務的に英語の勉強をさせられているにも関わらず、多くの人が英語をきちんと話せない、というのが日本の現状です。
 
しかし、将来的にグローバルな活躍をしたいと思っている若者にとって、英語は必須のスキル。グローバルな活躍を望まなくても、これからどんどん日本に外国人や外国の企業が入ってきて、国際化を余儀なくされていきます。
 
「英語はできた方がいいよ」なんて昔からよく言われますが、現代はますます、これから社会に出ていく人達が「英語ができること」「国際感覚が身についていること」の価値が分かりやすくなってきた時代だということを知っておきましょう。
 
また、英語ができるだけで、比べ物にならない情報量を手にすることができます。私自身、英文学科の大学に進学し、長期留学も体験した身ですが、英語が読めるだけで、日本では得られない情報をこんなに得られるものかと驚いた体験をしました。
 
日本で今私たちが手にしている情報は、ほんの一部です。やはり、膨大な情報源はアメリカ。そして、その情報を得るには英語のスキルが必要なのです。
 
少し大きな話になりましたが、 もっとわかりやすいメリットは、就職や大学院試験でも英語の能力が見られる」ということです。
 
これははじめに話した内容とも繋がってきますが、社会が国際化してきた今、日本の企業もそれに対応して英語のできる人を優先的にとっています。
 
これからの社会を生きていくにせよ、希望の企業に入るにせよ、英語を身につけておくことは将来のあなたを助けます。

 大事なのは文法より「英会話」

私がカナダに長期留学に行った時、日本人留学生とは比べ物にならない他国からの留学生ばかりだったことに驚きました。
 
その時に気がついたのが、英語ができる他の国の留学生は皆「英語に触れる機会を大事にしている」ということです。私の友達の一人で、エクアドルから留学に来ていた人がいましたが、まるで英語が母国語かのようにペラペラでした。
 
その子曰く、「文法や単語の勉強は小さい時に早々に終わらせて、あとはひたすら英語を話す機会を持つ」ということをやっていたそうです。他の留学生に聞いても、同じようなことを言っていました。
 
日本人は、ついつい義務教育からのクセで、「英語を勉強する」というとテキストや単語帳、文法書などで勉強しようとします。 

しかし、それはあくまで「英語教員になりたい人」がする勉強であって、「グローバルに対応する人」になる勉強ではないということを知る必要があります。
 
どれだけ文法ができたり、試験の点数が良くても、それを英会話で応用する能力がないと、ただの「知識」で終わってしまう、ということが改めて留学でわかりました。

 一番手っ取り早い「英会話習得法」

英語ができるよになるには、文法やその他の「知識」を詰め込むことより、「実践」を重ねていくこと。
 
ここでは、「実践」に基づいて英会話を効率的に習得する方法をいくつかご紹介します。

1、大学で国際サークルに入る

一番簡単なのが、「大学にある国際サークルに入り、外国人さんと喋る機会を持つ」ということです。お金もほとんどかかませんし、大学の友達も増えるので一石二鳥。
 
ただ、英会話の上達の面では、正直相当真剣にやらない限り、あまりいい効果は得られないことが多いです。
 
というのも、どうしても日本人の友達に囲まれていると日本語で会話をしてしまいます。また、外国人さんの方も、そもそも日本語を勉強しに来ているので、日本語で話そうとすることがほとんど。
 
もし、サークルで英会話を鍛えたいのなら、そこで英会話の練習を個人的に教えてもらえるような仲の外国人さんを作ることが一番いいです。お礼として、こちらも日本語を教えてあげましょう。

2、オンライン英会話を利用する

「大学に留学生がいない」「ちゃんと英会話を上達させたい」という人は、オンライン英会話が一番いい方法です。
 
場所、時間問わずいつでもスマホやパソコンから英会話を習うことができます。
料金も、1レッスン140円〜など、格安で行うことができます。
週1で習っても月560円、週2で習っても月1,120円。金欠の大学生でも気軽に英会話が習えますよね。
 
特に大学生に人気のオンライン英会話スクールがこちら。

 EFイングリッシュライブ

 
 
世界120ヶ国2000万人に選ばれた、世界最大級のオンライン英会話スクール。なんと、HONDA、McDonald’s、H&M、ANAなども起用しているという信頼実績があります。1レッスン288円〜と、かなりやすい価格。 TOEIC、TOEFLテスト試験対策コースもあるので、試験対策も一緒にできます。レベル診断テスト、学習状況・進歩レポートもあるので、本気で英会話を上達させたい人は、かなりおすすめ。24時間いつでもネイティブ講師とのライブ英会話レッスンが受講できるので、バイトに遊びに時間がない大学生でも大丈夫。 また、グループレッスンでは世界中から生徒が参加するので、プチ留学気分が体験できます。

3、留学に行く

経験も含め、一番おすすめなのは「留学」です。留学と言っても、かっちりした長期留学だけでなく、予算や経験したいことに合わせ、短期留学・語学留学・ワーキングホリデー・分野留学など、たくさんの選択肢の中から選ぶことができます。
 
留学については、以下の記事でもっと詳しく書いてあるので、そちらを参考にしてください。➡︎ 大学生、海外へ行く。
 
ここでは、特に大学生におすすめで、密かに話題の「0円留学」をというものをご紹介します。お金がなくて留学に行けない!という人でも、これで願いが叶います!

「0円留学」

学費・宿泊費が0円の「0円留学」という新しいサービスが密かに話題になっています。
 
フィリピンのセブ島で、一般的にかかる航空券代やVISA関連費のみで留学することができます。お金がなくても留学に行きたい大学生にぴったりのチャンスですね
 
!0円で留学にいけるわけは、留学中に現地でコールセンターのお仕事を少し手伝うから。でも、それすら職業訓練になる、ビジネススキルを向上できる、日本での就職に便利という利点になります。
 
また、セブ島は有名なリゾート地でもあり、観光を楽しめるとともに、アメリカやイギリスよりも治安がいいことで知られています。
 
「留学」と聞いて気がひける人も、0円ならまずお試しで!という気分でいけます。実際、本番の留学の準備留学として利用する学生も多いんだとか。
 
格安で、安心で、海外での職業体験にもなる「0円留学」、次の長期休暇にでも、友達と一緒に体験してみては?

➡︎ 0円留学ならアーグス

 


 


 カテゴリ一覧