HOME | お金カテゴリ | 大学生の主な収入源 | 大学生の「仕送り」のアドバイス!貰うべきか否か?その額は?貰わない方法は?
HOME | お金カテゴリ | 大学生の主な収入源 | 大学生の「仕送り」のアドバイス!貰うべきか否か?その額は?貰わない方法は?
Last updated 2017-09-04

大学生の「仕送り」のアドバイス

人それぞれ取り巻く環境は違う。そして、その環境を活かすのは悪い事ではない。

 もらうべき?もらわないべき?

実際のところ、仕送りを受け取ったり学費を親に出してもらうのは私は賛成です。

特に「一人暮らし」というスタイルを選んでいる人は、アルバイト代だけでは厳しいのが現実。
 
仕送り、あるいは奨学金を受け取るのが現実的な解決方法かもしれません。
 
しかし、学費や生活費は援助してもらっても、自主的に学びに使うお金や、遊びに使うお金、何か経験するために必要なお金は自分で工面するべきです。
 
アルバイトをしたり、ネットビジネスをしたり、投資をしたりして自分で稼ぎましょう「稼ぐスキル」を身につけるのは将来の自分のためになります。
 
特に、学びや経験として自分に投資する場合は、自分で稼いだお金を使うべきです。
 
例えば留学など、自分で稼いだお金で行くことで、本気度と結果が全然違ってきます。

 もらうならいくらくらい?

「仕送りはいくら貰うべきか?」という質問がよくありますが、はっきり言って人それぞれです。
 
家賃が6万円の賃貸に住んでいる人と、月々2万円の学生寮に住んでいる人では額も変わってきます。

だからそこは親と子の話し合いに尽きるのですが、

参考として「学費を払ってもらうなら、学費分」「生活費を払ってもらうなら家賃や光熱費等の分と、食費の約3万円で計8万円程度」こんな感じではないでしょうか?

 理想は仕送りのない生活

もちろん、できることなら仕送りを貰わない方がいいです。「仕送りで親に負担をかけたくない」という思いが強い人もいるでしょう。
 
そんな人は大学時代にある程度お金を稼ぐ方法を学ぶ必要があります。
 
仕送りの代わりに奨学金というのも1つ手ですが、私はアルバイトと並行してネットビジネスを行うことをお勧めします。
 
また、「今月どうしても間に合わない!でも親には心配かけたくない」という人は、「学生ローン」というものがあります。 

1.アルバイト

 
アルバイトはすぐすぐ欲しい収入を得ることができるので、大学生の収入の基盤ですね。
 
長期のもの、急にお金が必要になった時に便利な「短期アルバイト」や、春休みや夏休みの長期休業中にがっつり稼ぎたい人向けの「リゾートバイト」もあります。
 
anやタウンワークなど、多数の求人サイトを一箇所に集めた便利なサイトがあります。
 
このサイトを軸に探していくと、探し漏れなく希望のアルバイトを見つけられるので、便利です。
 
➡︎ 求人サイト・転職エージェント・人材派遣サービスのまとめ「餅は餅屋」
 


2.ネットビジネス

 
ネットビジネスはお金を稼ぐだけでなく、大学時代に経験したいこととして以前から紹介しているものの一つです。
 
アルバイトで確実に稼ぎながら、その間にネットビジネスで稼げる仕組みを作る。このスタイルは実際に私も大学時代に行った方法です。
 
「必ず稼げる!!」とは言い切れませんが、早い段階からネットビジネスというものを知っておくことは大きなアドバンテージになると思っています。
 
ここでは詳しく説明しませんが、当サイトでもネットビジネスについての記事を掲載しているので、仕送りを貰わない生活を送りたい人や複数の収入を得たい人はご覧ください。
 
➡︎ お金を稼ぎたい大学生必見!経験すべきネットビジネス


3、学生ローン


「今月だけどうしても間に合わない!でも親に心配をかけたくない」という人や「急に友達と旅行に行くことになったけど足りない!」という時は、学生ローンという方法があります。
 
ただ、学費や生活費など、長期的に借りなければならない場合は、ローンはやめておいたほうがいいでしょう。それなら、奨学金を考えるべき。
 
また、金利がつくことを忘れずに、返せる見込みのない時は絶対に借りないように。
 
あくまでも、「今だけちょっと足りない」を救うものとして考えておくといいです。

➡︎ 学生ローンは友林堂 即日振込ご融資

 カテゴリ一覧