HOME | お金カテゴリ | 大学生の主な収入源 | 大学生の「奨学金」のアドバイス!卒業すれば数百万の借金かも!?
HOME | お金カテゴリ | 大学生の主な収入源 | 大学生の「奨学金」のアドバイス!卒業すれば数百万の借金かも!?
Last updated 2017-09-04

大学生の「奨学金」のアドバイス

確かに前向きな借金ではありますが、借金であることに代わりはありません。どう利用するかは考えなければならないのです。

 卒業したら数百万の借金⁉︎

 奨学金を借りようと考えていますか?それとも、既に奨学金を借りていますか?
 
いずれにしろ、奨学金についてきちんと理解しておかなければなりません。
 
軽い気持ちでなんとなく奨学金を借りる学生が多いですが、卒業後はどうなるのか、しっかり考えておかないと、
 
奨学金を返すために毎月生活が厳しいという若者がとても増えています。
 
ここでは、「奨学金の現状」「奨学金の内容」「奨学金を貰わない方法」について話したいと思います。
 
ちょっと堅苦しい話かもしれませんが、あなたの将来がかかる大切なこと。

 奨学金の現状

現在では大学生の約5人に2人程が奨学金を借りているといいます。
 
しかし、実際に奨学金についてちゃんと考えて借りている人はごくわずか。
 
大学を卒業し返済が始まっているなか、現在の奨学金の滞納額は900億円以上となっています。
 
安易に借りたり、借りる金額が多すぎたり、利子などによって返済できていない人が多いのです。
 
アメリカなどは返済が必要ない奨学金が多いですが、日本ではほとんどが返済の必要があります。つまり、奨学金は「借金」ということ。
 
その自覚を持って、それでもどうしても必要ならば借りましょう。
 
減額や返済猶予の制度もありますが、一定の条件は必要。
 
とはいえ、奨学金は、その返済をまた奨学金に当てることで回ってるので、しっかり全額返す義務があります。

 奨学金の内容

奨学金について、最低限基本的な部分を知っておきましょう。 
 
奨学金は大きく分けて2種類あります。
 
「給付型」「貸し付け型」です。
 
給付型は返済不要のもので、貸し付け型は返済の義務があります。
 
給付型に頼る分には全く問題ありません。審査があるため誰でも貰える訳ではありませんが、貰えるうちは貰った方が良いでしょう。勉強ができるご褒美みたいなものです。
 
さて、問題は貸し付け型の奨学金。
 
貸し付け型はさらに2つの性質のものがあります。第一種と呼ばれる無利子のものと、第二種と呼ばれる有利子のものです。
 
貸与月額はそれぞれ指定された中から選ぶことができます。私の時は最大で月12万円ほど貰うことができたような気がします。
 
奨学金を受け取るには審査がありますが、もちろん無利子の第一種の方が審査は厳しいです。第二種の方は多くの人が審査を通過できる傾向にあります。
 
貸し付け型の奨学金をもらう人は、きちんと返済する覚悟を持って借りましょう。そして、可能な限り無利子の第一種の方を申請しましょう。
 
ここまで話したのは「日本学生支援機構」から借りる場合ですが、多くの大学は独自の奨学金制度を持っています。
 
中には返済の必要のない給付型の奨学金もあるので、各大学の奨学金制度を調べることは大事です。

 奨学金をもらわない方法

 できるなら大学時代は借金をせずに(奨学金を貰わずに)生活をするのが理想。
 
特に学年が若いうちには奨学金を貰っていても、3年目や4年目には奨学金が必要なくなった、という状況を目指したいところです。
 
そのためには大学時代にある程度お金を稼ぐ方法を学ぶ必要があります。
 
その手段の1つとして、アルバイトとネットビジネスを並行して行うことをお勧めします。 

1.アルバイト

 
アルバイトはより確実に早く稼ぐために必須。
 
長期のものから、ちょっと急にお金が必要になった際の「短期アルバイト」や、
 
春休みや夏休みといった長期休業中にがっつり稼ぎたい人向けの「リゾートバイト」という選択肢もあります。
 
anやマイナビ、タウンわワークなどの有名サイトから、お祝い金が出る穴場サイトまで、使いやすいように一箇所にまとめているサイトがあります。
 
いろんなサイトをバラバラに検索するより使い勝手がいいので、効率が良いバイト探しには以下のサイトを使ってみるのがオススメです。
 
 ➡︎ 「餅は餅屋」


2.ネットビジネス

 
ネットビジネスはお金を稼ぐだけでなく、大学時代に経験したいこととして以前から紹介しているものの一つです。
 
アルバイトで確実に稼ぎながら、その間にネットビジネスで稼げる仕組みを作る。このスタイルは実際に私も大学時代に行った方法です。
 
「必ず稼げる!!」とは言い切れませんが、早い段階からネットビジネスというものを知っておくことは大きなアドバンテージになると思っています。
 
ネットビジネスについて詳しくは以下のページにまとめています。
 
➡︎ お金を稼ぎたい大学生必見!経験すべきネットビジネス


 カテゴリ一覧