HOME | 遊びカテゴリ | 大学生の飲み会 | 大学生と飲酒運転!危険性とその避け方の提案
HOME | 遊びカテゴリ | 大学生の飲み会 | 大学生と飲酒運転!危険性とその避け方の提案
Last updated 2017-08-09

大学生と飲酒運転

確実に飲酒運転を避けるには、お酒を飲まないこと。

 飲酒運転の危険と避け方

もはや言うまでもありません。私の周りでも飲酒運転は誰もしようとすらしません。
 
飲酒運転によって人を殺すリスク
警察に捕まった時の重い罰則のリスク
この時代に飲酒運転!?と周りからの冷たい目のリスク
 
これらを考えれば飲酒運転をしようなどと思いません。
 
でも、「交通費を節約したい」「私はそんなに酔ってないから大丈夫」
 
こんなお粗末な考えを持っている人のために、「飲酒運転を避ける方法」を4つご紹介します。
 
友達にも教えてあげてください。

 飲酒運転を避けろ!4つの方法

1、車を持って行かない

 
「タクシーは高い。だから行きは飲み屋付近に車をとめて、帰りはタクシーで帰ろう。」
 
こんな考えでお酒の世界へ出発するのが危険。お酒を飲んだ後の理性では「普通に運転出来るから車で帰ろう」という考えになりやすい。
 
理性がしっかりしている飲み会前に「運転して帰りたくなったら困るから、車は置いていこう」という考えを持っておきましょう。


2、送り迎え契約

でも、飲み屋までの交通費を節約したい人は、「送り迎え契約」を結ぶのも手。
 
あなたの友人で車を持っている人に「あなたが飲みに行くとき送り迎えするから、私が飲みに行く時は送り迎えして」と約束しておきましょう。
 
お互いガソリン代がかかるが、タクシー代よりは安いです。


3、代行

「急に飲みに行く事になった。今日は車で来てるのに」こんなシチュエーションもあるでしょう。
 
「飲み会の翌日不便になるから、車を置いて帰りたくない!」となっては飲酒運転の危機です!
 
そんな時は素直に運転代行業者に連絡しましょう。代金はタクシー代とさほど変わりません。


4、宅飲みの3条件

「宅飲み」をする時を考えましょう。仲間の中には車で来る人もいるでしょう。
次の3つの条件を守りましょう。
 
1、宅飲みの後は泊まろう。もしくは泊めてあげよう。
 
2、どうしても車で帰りたいなら代行を呼ぼう。
 
3、途中でお酒やつまみを買いに行きたくならないように、事前に多めに買っておこう。どうしても足りなくなったら他の友人を誘いがてら買ってきてもらおう。



 カテゴリ一覧